SanJose柔ROAD
lgrhyme.exblog.jp

刻み続ける歴史の1ページ。これから踏み込む新たなステージ。…ぼ、ぼ、僕はお、お、おにぎりが好きなんだな。。。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Profile
▶出身
熊本県
▶生年月日
4月12日1986年
▶年齢
23
▶血液型
O型
▶職業
・板前
▶Back bone
柔道(参段)
ブラジリアン柔術
(青帯+1Stripe)
▶身長
170cm
▶階級
柔道:73kg級
柔術:Leve級
▶これまでの修行場
川尻武道館→深水道場→九州学院→煌心塾→SJSU→Silicon Valley Judo→SJSU&Camarillo Jiu-Jitsu→Silicon Valley Judo→パラエストラ東京
▶得意技
足技系、担ぎ技系、寝技。
▶主な戦績
・2001中体連熊本県大会団体(先鋒)
・2005Copa Newaza world BJJ open Tournamentメジオ級白帯
→優勝
・2001中体連熊本県大会個人81kg級
・2004熊本県高校総体90kg級
・2005Palo Alto judo Invitational Tournament
・2005MJC judo Invitational Tournamentミドル級
・2006Palo Alto judo Invitational Tournament
→準優勝
2001中体連九州大会団体(先鋒)
→3位


▶L.G.R.C.Production
・曲の試聴
Muzie
MySpace Music
Audioleaf
・T-shirts
L.G.RHYME
L.G.RHYME

1,890円
・参加オムニバスCD
Energy Tone

LINKS
映画革命全記録~進化の体現者から目撃者たちへ

煌心塾
ミツウロコ先生の柔道日記 in 静岡
I've Got a Feeling
よか旅案内人☆
JSA-Records
がんばっぞ
アサノエンターテイメント
フォロー中のブログ
ライフログ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 06月 24日 ( 1 )
ほのぼの時々憤りの模様
久々の更新ばい。。。040.gif

というのも御察しの通りぶっ通しで仕事でした。今週は休みは一日でハタラキッパナ。。。
そんな中エリアルレイブ並の追い撃ちをかけるようにと学校の準備やらとペーパーワーク的なものにも追われながらもなんとか生きてます…笑


そんな仕事三昧な日々だけども色々と貴重な経験もできた。

まず先週の土曜。
昨年も行ったがサンフランシスコで行われるRestaurant Showを見に行った。
色んな食品や酒類の業者が一同に会しそこで試食会や試飲会や器具なんかのデモをやったり。酒の試飲では朝八時半に乗り込みそっからいきなり新作ビールなんかを試飲さらに日本酒、つまみ、日本酒、うどん、…とちょこちょこトライ。途中だんだん顔も赤くなりふらついて来たので器や包丁コーナーで時間をつぶし。

その後ランチ食って店に帰り午後からはふつーに仕事でした…。

朝っぱらからそんなにアルコールって摂取するもんじゃありません。まぁとは言えなかなかお高いお酒なんかもタダで飲めるのはなかなかおいしい企画でやんす049.gif049.gif


ほんで持って今日は朝からいつもより早く大将と2人で店にスタンバイ。
そう今日は近所の仏教会主催の子供たちのサマースクールという企画のひとつでSushi tomiにて『日本食とはなんぞや!?』的な講演会を開催。

ほとんどの子がアメリカ産まれの日系人の小学の中学年あたり。まず来てや否や子供たちにおにぎりを作らせる。
d0029802_782763.jpg


そしてこっちで準備しておいた弁当にそれぞれ自分の作ったおにぎりをよそって行く。
その後は大将の講演会

d0029802_713471.jpg


日本の食文化の歴史に触れたり豆腐、納豆、味噌、醤油などの大豆製品の大事さ。そしてメインとなったのがこちら↓



弁当を作る

食事を作ることの大変さが分かり、家族をありがたく思った人は優しい人です。

友達や家族の調理の様子を見て、技をひとつでも盗めた人は、自ら学ぶ人です。

こまやかな味の違いに調味料や隠し味を見抜いた人は、自分の感性を磨ける人です。

旬の野菜や魚の、色彩・香り・触感・味わいを楽しめた人は、心豊かな人です。

一粒の米・一個の野菜・一本の大根の中にも「命」を感じた人は、思いやりのある人です。

食材が弁当箱に納まるまでの道のりに、たくさんの働く人を思い描けた人は、想像力のある人です。

自分の弁当を「おいしい」と感じ、「うれしい」と思った人は、幸せな人生を送れる人です。

シャケの切り身に、生きていた姿を想像して「ごめん」が言えた人は、情け深い人です。

登下校の道すがら、稲や野菜が育っていくのを嬉しく感じた人は、慈しむ心のある人です。

”弁当の日”で仲間がふえた人、友達を見直した人は、人とともに生きていける人です。

家族が手伝ってくれそうになるのを断れた人は、独り立ちをしていく力のある人です。

「いただきます」、「ごちそうさま」が言えた人は、感謝の気持ちを忘れない人です。

家族が揃って食事をすることを楽しいと感じた人は、家族の愛に包まれた人です。


これは大将が某漫画からそのまま抜粋した言葉。

d0029802_7173651.jpg


Fast Foodなんかが普及してきた世の中で食に関して無関心な人達が増えてるのは本当に大きな問題だと思う。
今日で最終回を迎える日本のドラマ『おせん』知ってますか?
自分も某動画配信サイトで嫁と一緒に毎週見てんだが自分のような板前のはしくれとして見るこのドラマは本当におもしろい!昔ながらのやり方であそこまでこだわりを持ってやっている店ってのはもうこの世には存在しないんじゃないんだろうか…。

にしても本当に色々な意味で子供たちとふれあい色んなことを見直せたし新しく学んだこともあった。


話は変わって昨日のこと。

夜の営業中での話し。

ふたりの中年の白人カップルがカウンターの席に座った。

座るや否や。

男『あれ!?君日本人じゃないでしょ??』

と最近入った韓国人の板前Jinに聞いた。

しかも流暢な日本語で。
多少日本語の分るJinは『私は日本人じゃありません。』と日本語で答える。

するとその白人男性
『ちょっと~!何これ!?大丈夫なの!?』


この瞬間やしきたかじんバリに放送禁止用語『#$%&’!!!!』ばきゅんばきゅん言いかけたけど我慢。

Jinも明らかにむっとしてるのはわかったが我慢していた模様。
でもその白人男性はしつこく『Where are you from?』『How did you learn??』とStupidな質問をしかけてくる。そこでJinがえらいのはそれをジョークで返していくとこ。


今時こういう人間を見ると腹立たしいというか情けないというか…。

普通どっかに中華を食いに行き。。。『あれ~中国人のシェフじゃないの?』とかピザ屋に行って『イタリア人が作ってんじゃないの??』なんて聞くか?それと同じだと俺は思うんだが。
こんだけ世界に日本食が広まった今もはや日本食は日本人だけが作れるものではなく逆に様々な人が様々な形で日本食と言うものアレンジして新しい物をつくりあげているのも事実。
分りやすい例がカリフォルニアロール。日本の寿司をアメリカなりにアレンジしたもの。

まぁとりあえず久々にあくしゃうったんで愚痴ってみました。


長くなりましたがまた今から仕事に戻ります。 071.gif
[PR]
by kento_386 | 2008-06-24 06:48